秋の終わりが。

2012.11.25 Sun

日野春の秋。

秋の終わり、秋のお客様は11月26、27日でほぼ終わる。

秋の終わりが、見えてきました。

奈良から3度目のお出で。

本日晴天に恵まれ、昨日午後2時に到着。

日野春駅で、高校生に自分の荷物(水彩の道具、スケッチブック他)をワゴン

で、荷造りしてあるキャスタ-付きバックを運んでもらう。

自分で、駅の階段を登れないため。

でも、日野春からの甲斐駒、どうしても描きたい。

どうしても、写真にとって帰りたい。

歩く、オオムラサキセンタ-まで。


オオムラサキ自然観察歩道を、朝から歩いて、行けるとこまでいきたい。

スケッチポイントを車で案内する。

少しでも、知ってほしい。

甲斐駒がいい場所。

富士山がいい場所。

八ヶ岳がいい場所。


季節の変化が、一段と良くなる景色になる場所。

秋冬の景色が、桜の咲く景色が、鏡田の景色が、新緑の景色が、

萌黄色の景色が、

何度も来て見て欲しい日野春からの山岳風景、里山風景。

今確実に冬に向かっています。

本日は風もなく、穏やかな秋の一日。

明日は天気が崩れそうですが、山はでます。

絶えず雲は動きます。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/25(日) 16:11:36|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋 秋 秋 秋本番 日野春の秋

2012.11.08 Thu

日野春の秋。

今が一番いい、日野春の秋。

色とりどり。

残念なのは、甲斐駒に雪が少ない。

本日は、朝から晴天、日本海の低気圧の影響だろうか、甲斐駒の頂きの雪が少

ない。

それ以外は、すべて満たしてくれる「秋の日」が、本日そしてここ3日ぐらい

でしょうか。

そして、冬。

雪をかぶった山々。

力強い山。

そんな変貌をする甲斐駒、鳳凰三山、鋸岳。

雪のスカ-ト履いた八ヶ岳。

そして、大きく、たくましく、より大きく見える冬の富士山。


南に富士

北に八ヶ岳

西に甲斐駒,鳳凰

東に 金峰、瑞牆、茅ヶ岳

それぞれ、冬の主張をはじめる。

日野春の秋。

午後三時の電車まで、描ける宿。

2日間まるまる描ける宿。

本日も、3組のグル-プが、秋の日野春から、甲斐駒を。

スケッチブックがなくなりました。

少しは、用意してあります。

キャンパスも。

スケッチブックも。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/08(木) 17:11:54|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

11月6日の日野春 秋の色付き

2012.11.06 Tue

11月6日

雨。

赤く色付く樹、

黄色く輝く樹、

どの色も全部違う色。

晴れて、曇って、雨が降って、まだ雪は降らないけれど。

その色は違う。

そんなん色とりどりを楽しめる 秋。

日野春の秋。

です。

甲斐駒の雪はまだ、それほど白くありません。

八ヶ岳もまだまだ。

明日は朝から晴れます。

楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/06(火) 20:53:13|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

初霜

2012.11.04 Sun

初霜。

まだ紅葉してない樹もある。

桜は、赤くなり始めた。

今年一番の寒さ、

雲ひとつない晴天。

甲斐駒、

八ヶ岳、

富士山、

金峰、

瑞牆、

茅ヶ岳、

どの山々も実に美しい。

秋ももう少しで終わる。

甲斐駒の雪が、少ない。

これから、

冬に向かって、

寒く、しばれる、寒い冬が。

これから始まる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/04(日) 17:57:36|
  2. 秋の訪れ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋の個展のご案内

2012.11.01 Thu

秋の一日

個展の案内を頂きました。個展

秋の一日

 天気に恵まれても山がでないこともある。

昭和の溜池 「サントリ-の南アルプス天然水」CM撮影が行われた場所。

 この池が、埋められることになった。

近くに、工亊事務所も建てられ、池の水は、既に底に少し貯まるだけになって

いる。この池がなくなるのが本当に残念だ。

この池に映る甲斐駒は最高の景観を見せてくれた。

 「この池に連れていけ」と言われて、何人を今までにお連れしたことか。

残念でならない。

この池が、なくなり、平地になってもこの場所から見る甲斐駒は変わらないだ

ろう

でも水に映る甲斐駒は見られなくなる。

今日お連れしたお客様、とこのことを知った。

残念でならない。

この池を描いてくれた皆様が、秋、冬、春、夏、と、この場所を

希望される。

構図が難しい。

絵にならない景色。

だからこそ、もう一度ここへ。

そういうお客様に、なんてお話したらいいのか。








このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/01(木) 20:37:30|
  2. お便り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

プロフィール

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約