青森からの画家

2012.01.11 Wed

 青森から東京にきたついでに、「甲斐駒」を描きにお泊まりになりました。

2泊して、F8号を、アトリエでお描きになり、前日は、外を散歩したり、6時30

分ごろから、スケッチブックを片手に、水彩を描いておりましたが、筆先が凍

ると言いながら、お帰りになり、朝食を食べておりました。

この時期を選んで、お出でになりました。

この冬の甲斐駒を描くために、青森から来てくだしました。

「画家の宿 志満屋」は、全国からお出でになるお客様に支えていただいてお

ります。 本当にありがたいことです。

「アトリエ」はこの季節一番素晴らしい景色を見られる場所になります。

イーゼルを建てたキャンパスF8号に、青を基調にした「甲斐駒」の絵が描かれ

ております。 景色の大半は、雑木林の土色が占めていますが、この青を基調

に展開する山と空が、この時期一番の景色を構成しております。

甲斐駒に雪があり、寒くて寒くてしょうがないこの時期の一番いい景色が、

一年を通じて一番素晴らしい景色になるのです。

 じっくり描く、油で描く、甲斐駒を描く。

今一番綺麗な「甲斐駒」です。

アトリエは、薪ストーブが、燃えています。暖かさが描いている後ろから感じ

られます。

気晴らしに外へ。 イーゼルをそのままで、パレットもそのままで、

そんな描き方ができる。 アトリエで、独占した、「甲斐駒」を描く場所。

誰も、迷惑にも、邪魔にも、なりません。

また、帰って描く。

わずかの時間の経過、でも、景色の変化はものすごい。

早く描かなければ。

すぐに、日が落ちます。

「アトリエ」は、描き手の居ないイーゼルがたってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/01/11(水) 14:41:17|
  2. 画家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

”甲斐駒の美しさ” 積雪もじっくり白さが増して

2012.01.06 Fri

 寒い日が続いています。

この寒さがないと、冬山の景色として、より厳しく、鋭く、天に向かって聳え

たつ甲斐駒になりません。


中央線日野春駅ホーム、 この甲斐駒がよくみえます。

停車時間が長い普通列車で、ホームに降り立ち、この景色を楽しんでいる

乗客も多く見かけます。

皆さん、デジカメを翳して写真を撮ってます。

デジカメで写した写真を見て、その時に見た景色の印象を映し出しているの

か。 肉眼で見て感動した景色が、写っていてくれることを願っています。

八ヶ岳、金峰、みずがき、富士山、見える山々がより大きく、より雄大に見え

る「冬の日野春」。

昨日お見えのお客様は、‘オオムラサキ自然観察歩道‘を一人で歩いてまし

た。

80歳になられたそうです。

「何かありましたら、☎ください」と声をかけて差し上げました。

でも、☎は、ありませんでした。

 日向山で、12月29日から帰ってこないと、テレビのニュース。

心配です。 日向山とて、冬は厳しい山になります。

 館内で描いてくださるお客様は、心配ありませんが、

外で描くお客様は、しっかりサポートして差し上げないと。

比較的、近い「スケッチポイント」で、冬の八ヶ岳、甲斐駒を、完全武装で

描いてくださる方も見かけます。

 一番綺麗な山々が見られる「日野春」です。





このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/01/06(金) 10:50:30|
  2. 雪景色|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

年末、年始 甲斐駒、鳳凰三山を見て。

2012.01.04 Wed

 新しい年を迎えることができた。

女将も頑張って、新年を迎えてくれた。

何よりの喜びである。

女将は1月3日が、88歳の誕生日である。

入院している病院の看護婦さん達が、それぞれ声をかけてくださった。

「おめでとう」 昨年暮れから、39度の熱が出た。

年が越せるか心配したが、頑張ってくれた。

生命ある限り、生きてほしい。

お客様から頂く年賀状にも、「女将さんどうですか」と一言、心配して頂く

言葉が添えられている。本当にありがたいことです。

機械の力を借りてますが、しっかり呼吸をして、目が話しかけてくれます。

 年末から、白州の大坊近くの別荘のお客様が泊まられた。

年末、年始は、近くの旅館が休みだそうで、

このお客様の別荘まで送迎をした。

「駒ケ岳神社」まで、初詣にお付き合いさせていただいた。

「駒ケ岳神社」へ初詣したのは、初めてですが、大勢のみなさんがおいでにな

りました。

みかんを頂きました。

普段は、誰もいない神社ですが、神主さん、社務所もいて、おみくじ、絵馬な

ど売ってました。

その後、別荘にお送りしました。

もう30年も前に建てたそうです。

本当に、山奥の場所でしたが、4軒ぐらい建ってました。

まだまだ、建てられそうな場所ですが、里とのお付き合いが、全くないところ

で、生活するのが、大変だろうとおもいます。

そんな方々との接点が、必要ではないかとおもいます。

 今年も始まりました。

新しい年、昨年できなかったことを、今年は実現していきたいと思います。

よろしくお願いします。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/01/04(水) 10:04:50|
  2. 宿泊の方|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

プロフィール

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約