冬の甲斐駒、冬の富士山、冬の八ヶ岳

2011.12.14 Wed

すっかり雪化粧した山々。

今、おそらく一番綺麗な景色を展開している、日野春駅界隈。

寒い、寒い、

寒ければ、寒いほど、山は綺麗です。

こんな日は、アトリエから甲斐駒を正面にして、じっくり、じっくり

油で描くのが一番。

一日中、描けます。

一日中。

風の強い日、雲の動きが、面白く甲斐駒の頂上付近をいったりきたり。

日が沈む。西陽の強さ、沈んだ時の稜線の美しさ、鮮やかな色。

どの瞬間も、忘れられない瞬間を、刻みこませてくれる。

外は寒い。

アトリエは、朝から薪ストーブが燃えて、ほのかな暖かさを、寒くない暖かさ

を、やさしい暖かさを、保っている。

アトリエから、一日中、描く。

油、水彩、パステル、最近はアクリル絵の具、なんでもいい。

じっくり描いて欲しい。絵も、思い出も、桜の季節に思いを走らせて、

冬の甲斐駒を描く。

じっくり、じっくり描けるのが、今の時期なのです。

毎日、毎日、山が見えない時がありません。

冬のこの時期の特権です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2011/12/14(水) 17:41:47|
  2. 雪景色|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

プロフィール

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約