絵を描きたくなる 風景

2013.04.20 Sat

柿の葉が芽吹くこのごろ

桐の花が咲く頃

八重桜が満開。

ウコンの桜が満開。

八重桜の色、淡いピンクも右側で満開。

昨日、10時 青彩会 12名様、この時期で、アトリエ、ベランダで

水彩を描く。

本日は、「高根クラインガルテン」で、少し寒い中、八ヶ岳を描く。





ウコンの桜2
八重の濃いピンクは、左側、

八重のピンクが、淡い方が、右側。

八重桜2

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2013/04/20(土) 18:48:33|
  2. 画家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

厳冬の甲斐駒

2012.12.26 Wed

厳冬の甲斐駒


このところ雪の量も多く、

見ごたえのある冬の甲斐駒を見ることができてます。

星空に光る甲斐駒の雪。

月明かりに照らされた、甲斐駒の白い雪。

冬の甲斐駒。

一番綺麗な、風景が展開している。

凍てつく夜、本日は、マイナス8度でした

ますます綺麗な山〃を見ることができる日野春です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/12/26(水) 22:05:25|
  2. 画家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青森からの画家

2012.01.11 Wed

 青森から東京にきたついでに、「甲斐駒」を描きにお泊まりになりました。

2泊して、F8号を、アトリエでお描きになり、前日は、外を散歩したり、6時30

分ごろから、スケッチブックを片手に、水彩を描いておりましたが、筆先が凍

ると言いながら、お帰りになり、朝食を食べておりました。

この時期を選んで、お出でになりました。

この冬の甲斐駒を描くために、青森から来てくだしました。

「画家の宿 志満屋」は、全国からお出でになるお客様に支えていただいてお

ります。 本当にありがたいことです。

「アトリエ」はこの季節一番素晴らしい景色を見られる場所になります。

イーゼルを建てたキャンパスF8号に、青を基調にした「甲斐駒」の絵が描かれ

ております。 景色の大半は、雑木林の土色が占めていますが、この青を基調

に展開する山と空が、この時期一番の景色を構成しております。

甲斐駒に雪があり、寒くて寒くてしょうがないこの時期の一番いい景色が、

一年を通じて一番素晴らしい景色になるのです。

 じっくり描く、油で描く、甲斐駒を描く。

今一番綺麗な「甲斐駒」です。

アトリエは、薪ストーブが、燃えています。暖かさが描いている後ろから感じ

られます。

気晴らしに外へ。 イーゼルをそのままで、パレットもそのままで、

そんな描き方ができる。 アトリエで、独占した、「甲斐駒」を描く場所。

誰も、迷惑にも、邪魔にも、なりません。

また、帰って描く。

わずかの時間の経過、でも、景色の変化はものすごい。

早く描かなければ。

すぐに、日が落ちます。

「アトリエ」は、描き手の居ないイーゼルがたってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/01/11(水) 14:41:17|
  2. 画家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

桜の季節の予約が始まってます。

2011.11.29 Tue

山も雪白く、日々増していくようなこの頃です。

日野春の冬、やっと始まりかけたのですが、本日はすごく暖か、外でスケッチ

するのにちょうどいい。

山がスッキリ見えているのならば、この陽気は、ありがたい。

秋の予約も、一通り終わったようですが、もう春の桜の季節が、予約に入って

きてます。

まだ、冬の景色を描いていただいて、其れからとゆうのに。

早いものです。

12月は、忘年会を兼ねた、スケッチ旅行のお客様。

この冬の「美しい甲斐駒」を存分に室内で描きます。

毎年、この季節に。

毎年。

天気が悪かったり、良かったり、雪に遭遇、上から下まで真っ白な、南アルプ

ス北部連山を描いてくださることも。

この冬、楽しみな、景色を、この冬の天気予報で、楽しめます。

雪がやんだら、早速外に飛び出して、八ヶ岳を描く、

冬の天気は、回復も早い、風も強い、寒い日空の青さが、山の白さが、青さが

何倍にも増して、綺麗に見える。

地元の人も遭遇したことがない景色を作り出す、天気。

今年の冬、楽しみだ。

春の予約も、お忘れなく。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2011/11/29(火) 14:59:40|
  2. 画家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冠雪を待つ、甲斐駒

2011.11.15 Tue

まだ雪を被ってません。

甲斐駒、八ヶ岳、今年はいつになるでしょうか。

「創葉会」の皆様。

天気に恵まれた、スケッチ旅行でした。

しかし、少し暖かく、ガスのかかるのが早かったかもしれません。

8時30分に出発。

八ヶ岳、甲斐駒、それぞれ、仕上げてくれたでしょうか。

少し暖かな「日野春」です。

昨日は、セロリ−の漬け込みをいたしました。

このセロリ−は、長野県原村産のセロリ−です。

畑から直接買ってきました。

新鮮、瑞々しさ、最高のセロリ−です。

ポキン、ポキンと折れます。 食べて甘いのです。

セロリ−独特の臭さが有りません。

最高の食材です。

この「セロリ−の粕漬け」は12月上旬ごろから、食卓に並びます。

ご期待ください。

雪を待つ甲斐駒、

「日野春」から。

晩秋の甲斐駒、まだ、大丈夫です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2011/11/15(火) 11:01:43|
  2. 画家|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー 次のページ

プロフィール

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約