最近の女将情報

2011.08.11 Thu

「最近の女将」の様態は。

おかげさまで、病院で静に治療を受けております。

87歳・・・・

肺の機能が、 炭酸ガスが、肺にたまりやすいそうです。

そこで、人口呼吸器をつけたのですが。

のどの筋肉も弱くなってきてます。

飲み込むことが出来ないようです。

舌の機能も弱くなってます。

現在は、ほとんど点滴のお世話になってますが。

少しは、口から胃に流してあげるものもあります。

クスリの投与、水、などですが、

その結果、タンの量が増えたそうです。

タンの吸引の回数も増えたようです。

微熱が続いております。

37.2〜37.9度と。

両手は、胸の上で固まってます。 おそらく、本人の意思で動かすことは

出来ないと思います。

口の中、舌の表面が乾いて、かさぶたになって、時々綺麗にふき取ってもらい

ます。

意識

しっかりしてます。 受け答えが出来る訳では有りません。が、目が鋭く

しっかり動いて、こちらの話したことを、理解したか、悲しい、うれしい、

困った、などを顔の表情で、表現してくれます。

毎日、毎日の宿の状況、お客様の人数、誰、お盆の準備、などお話をします

その時、表情でかえしてくれます。

それは違う。

そうだ。

でも、自分の思っていることが話せません。

少しでも、話してほしい。

そんな病院生活を、比較的順調に送っております。

最高気温が35度を超えるような毎日。

病院の中は26度に保ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2011/08/11(木) 16:10:49|
  2. 家の事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

女将のこと

2011.05.07 Sat

しばらくぶりで、書き込みます。

すでに5月、なにをしていたのか。

女将が入院して、その看護、付き添い、など。

旅館の営業は、今まで通りで、桜の季節から、新緑へ、一番予約が多く入った

時期、何とか乗り切りました。

おかげさまで、地震の影響を受けて、キャンセル。

でも、「画家の宿 志満屋」は、例年と同じぐらいの売り上げは確保できまし

た。 キャンセルもかなりありましたが、本当に有難いことです。

一番忙しいときと、女将の様態が心配なときがぶつかってましたので、

本当に大変なときがありました。

夕食の準備、片付け、それが終わって、病院へ。夜は、女将のベットの横のフ

ロア−で、寝袋に入って寝てました。朝5時に病院を抜け出し、朝食準備、

6時の巡回看護の後に又病院に戻り、昼の付き添いの方と変わり、会社に出

勤・・こんな生活が続ましたが、支えてくださる皆様がいてくれました。感謝

感謝・・・・

コンクリ−トの床が、あんなに冷えるとはおもいませんでした。

2月、3月、4月。季節が変わり暖かくなっていくのが、床からよくわかりまし

た。

人口呼吸器を、口、鼻右、鼻左と付け替えて、今は喉を切開してつけてます。

口から、水や食べ物を少しづつ毎日入れてリハビリしてます、このごろは。

少し安定してきました。

深夜、呼吸が早くなったり、呼吸音が変わったり、この音を聞きながら、そば

で寝てました。

3時間おきに看護婦さんが、痰を取ってくれますが、それでは間に合わないとき

があります。

そんな時、ベルを鳴らすこともできない、声も出ない、手をたたくこともでき

ないそんな女将に代わって看護婦さんにお願いしなければなりません。

喉に呼吸器をつけてからは、少し安定してきましたし、呼吸器を持ち運びでき

るタイプに変えて、車椅子で移動できるように、毎日リハビリしてるのが、

最近の女将の姿です。

それなりにがんばってくれればと思ってます。

願いは、今一度、アトリエから、「甲斐駒をみせてあげたい」それだけです。

実現しそうです。

「ウコンの桜」が咲くのと同時にと思ってましたが、

山帽子の花は咲くころにまにあうか、

これから、病院で、様子を診てきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2011/05/07(土) 17:35:44|
  2. 家の事|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

12月21日 骨折した右足にやっと靴が履けるようになりました。

2009.12.22 Tue

12月21日 年末の忙しい毎日が続きますが、今週は、「クリスマス」もあり、途中23日がお休みですので、本日から全開です。

出荷量も多くなってますので、アクシデントがありますと、余計な仕事をすることになり、時間がロスしますので、緊張していきます。

危ない服装では、作業も行えません。 靴がはければ、随分違いますので、腫れている右足に、少し無理して靴を履いてみました。 何とかはけましたので、これから、少し作業も楽になり、安全になります。

しかし、長時間の作業で、足が痛くなります。 サンダルのときよりは、痛く

ありません。これなら冬山の写真も撮りにいかれそうです。

早く、HPの写真を更新したいと思ってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/12/22(火) 10:53:16|
  2. 家の事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月5日 中島 是一 告別式

2009.08.06 Thu

8月5日 告別式

 本日朝から、「北杜市北の杜聖苑」で、ダビに、親戚、家族一同で、中島是一の骨を拾い、骨壷に収めました。
 一番気になった骨は、やはり喉仏でした。 故人が、最後まで精一杯の呼吸をしてましたので、どんなになっているかを知りたかったことと、自分の骨もほぼ同じようであるはずですので、少し小さい感じがしました。
 この骨壷を最初に持ち、「北の杜聖苑」を出て八ヶ岳セレモニ−ホ−ルに向かいました。
 午後1時30分から告別式を挙行いたしました。
平日で、お仕事が忙しい方ばかりですが、晩所繰り合わせて出席くださいました皆様に、心からお礼をいたしたいと思います。

  本当に有難う御座いました。

この告別式を取り仕切って頂きました、”組の皆様”に、厚く御礼申し上げます。

  暑い中、平日で、お仕事を休んで出席いただき、本当に有難う御座いました。

 午後4時位、初七日の膳を頂き、終わりました。

この3日間、本当に有難うございました。

  お世話になりました皆様に厚く御礼申し上げます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/08/06(木) 05:00:41|
  2. 家の事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月4日 お通夜

2009.08.06 Thu

8月4日 お通夜

 本日18時より、JA八ヶ岳セレモニ−ホ−ルにて、中島是一のお通夜を執り行いました。
   組の皆様、親戚、多くの皆様にお世話になりました。

 お出でくださいました皆様は、二百余名におよび、平日であるにもかかわらず、沢山の方にお越しいただき、感謝しております。
本日は大変暑い一日でした。セレモニ−ホ−ルをお借りして、挙行できましたことは、たずさわった皆様に、大変な思いをさせなくてよかったと思っております。
本日の朝、甲斐駒は綺麗に全容を見せてくれました。「画家の宿 志満屋」からの眺めを、夏の一日としては本当に綺麗に見せてくれました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/08/06(木) 04:28:22|
  2. 家の事|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー 次のページ

プロフィール

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約