「オオムラサキ自然観察歩道」の草刈

2010.07.04 Sun

「オオムラサキ自然観察歩道」
「オオムラサキ自然観察歩道」の深沢川付近は毎年大変な草が生い茂り、

道を覆いつくします。本日はこの付近の草刈に同行しました。

「オオムラサキ自然観察歩道」全部の草刈を行ないましたが、この付近の草刈

に同行して、「蝶」、「蛾」、「カブト、クワガタ」など観察してまいりまし

た。

7月4日8:00から実施しましたが、昨夜の雨がうそのように晴れ上がり、作業環

境がよくなりました。

この森を歩いているだけで、深沢川のマイナスイオンを感じながら作業、観察

してきましたが、本当にいい「癒し」を感じさせてくれる道でした。

オオムラサキが一番多く飛ぶ森の付近でしたが、オオムラサキには会えません

でした、早く梅雨があけて、カラットした天気が続いてくれれば、オオムラサ

キも飛ぶと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2010/07/04(日) 15:55:45|
  2. 自然とオオムラサキに親しむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月14日「オオムラサキ自然観察歩道」

2009.07.20 Mon

7月14日 ゲンゴロウのメ−ル。




ゲンゴロウの幼虫が羽化したメ−ルを頂きました。

ゲンゴロウが、幼虫でいた田んぼを、調べていきましたら、無農薬、無肥料で、稲を栽培している田んぼでした。まだ、こうした田んぼがあれば、ゲンゴロウは、きっと大きく成長して、水銀灯に集まってくる日が、きっとあるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/07/20(月) 16:39:19|
  2. 自然とオオムラサキに親しむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月11日 「自然とオオムラサキに親しむ会」里山整備活動参加

2009.07.14 Tue

7月11日(土曜日) 甲斐駒登山女性G4名、里山ウオ−ク1名、昆虫採集「蛾」2名のお客様のお泊りでしたが、会議で東京本社に午後から行きました。里山整備は、時間もありましたので参加させていただき、この活動状況を見ながら、一般の参加者が、「楽しめる里山整備活動」とはどういう形なのかを考えて見たいと思いました。
 現在は、ただの草刈(竹切り)作業でしか有りません。
この作業にボランテアとして参加して、その雰囲気を楽しみ、自然の空気、森、林の持つ浄化作用(癒し)、マイナスイオンの摂取、などを楽しんで、宿泊して、”参加してよかった”と、言わせなければなりません。でなければ、
都会から、”求めて”きてくださる方はいないでしょう。 ボランテア活動で
来て、刈り取った草、竹の整理をして下さる方は、いるようです。
しかし、自由にこの森、林を、歩かせていただき、”森に親しむ行動”が出来れば、少しは満足していただけ、”又きてみよう”と思ってくださるではないでしょうか。
 で、下の写真ですが、この葉っぱを印刷した布、掲示版、水に葉っぱを浮かべた器、どれも「八ヶ岳自然文化センタ−」での写真です。
これから、「葉っぱ」「樹皮」を勉強して参ります。
 あの木は何ですか?  「鬼ぐるみ」 です。
すぐ、返事が出来ますように、勉強します









このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/07/14(火) 15:08:46|
  2. 自然とオオムラサキに親しむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月9日 「画家の手紙」 緑濃く、さらに濃く。

2009.07.13 Mon

7月9日 葉っぱの種類は、この里山でどのくらいあるのだろうか。
 癒しの葉、こもれびの葉、いろんな種類の葉、これを勉強しなくてはなりません。樹皮、木の皮、これを見ただけで、木の名前が分かる。
そのくらいにならなくてはいけません。
 里山の手入れ、もっと面白い面を作って楽しみたいと思います。
この場所は、日野春駅から歩いても、30分弱です。
まだ、ほかにもあるようです。この駅周辺で、活動していきたいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/07/13(月) 23:19:24|
  2. 自然とオオムラサキに親しむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

7月5日 「命の作法」自主上映大成功

2009.07.06 Mon

7月5日 長坂コミニテイ−ホ−ル(初めて行きました)
 最初に、こんなすばらしいホ−ルがあったことすら知りませんでした。
”甲斐駒のF50号の絵もまたびっくり”でした。
こんなすばらしい施設がある町なんですね。長坂は、もっと利用していきたいと思います。税金は、人一倍払っておりますので、(扶養家族がいませんので) とにかく、「命の作法」が、無事に上映できて、よかった。
まったく関係者ではありませんが、”この上映に熱意を持った方”に敬意を表します。 






本日は、「俳句の会」の皆様がきてくださいました。

 蜂の子を 初めて食す 画家の宿

この句を読んだ皆様とは違いますが、オオムラサキの羽化を見にきてくださいました。 当館の新設写生ベランダより、甲斐駒(雲に隠れる)の方を見て、
歓喜の声を頂ました。 これで、甲斐駒、鳳凰三山が見えたらどんなに喜んで
いただけるか、うれしいかぎりです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/07/06(月) 22:38:24|
  2. 自然とオオムラサキに親しむ会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー 次のページ

プロフィール

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約