9月23日 秋分の日シルバ−W最後の日。

2009.09.24 Thu

9月23日 「コブヤハズカミキリ」の皆様も本日また採取に、そして帰宅。
 この「コブヤハズカミキリ」は、標高1400ぐらいにいるのだそうです。
日野春を中心に、皆様がお出かけした先は、南は御坂方面、東は増富方面、北は、霧ヶ峰と多方面でした。
今回、日野春を宿泊先に選んだのは、この行動範囲をカバ−するのに一番いい場所だとのこと、「?」30年前に、日野春駅に早朝降りて、穴山方面に向かって、昆虫採取をしたころを、懐かしく話してくださいました。
 そして、駅舎がその当時とまったく変わっていませんので、思い出していただくのに時間はかかりませんでした。
 皆さん、横文字だらけの専門書を読まれるようで、まじめな方ばかりでした。 しかも、女性の方もおりまして、おいしくビ−ルを飲んでいらっしゃいました。この秋、最初の連休のお客様は、昆虫採取の団体さまでした。
 秋の深まり、今年ははやそうです。 桜の葉が紅葉する前に落ちてます。
来年の桜の花の時期が心配です。


観音平手前、防火帯からの甲斐駒、やはり、日野春からの甲斐駒と違い、マリシテンがはっきりしません。
 ススキが綺麗な、小淵沢でした。これから唐松の黄葉が始まります。


所々で紅葉を始めたカエデ種、早くなりそうです。


 今年の「葡萄ジュ−ス」を、甲斐駒眺望抜群の日野で栽培されている坪井さんが態々持ってきてくれました。有難うございます。
今年は、ワイン用に醸造されるそうです。貴重なジュ−スをいただけたのが
本当に感謝しなければ、いけません。それと、ワインが出来たら又、飲ませていたただき、購入させて頂きたいと思います。
 まず、今年は、グラスを、昨年のものより、変えてお出ししたいと思います。より、おいしい葡萄ジュ−スが出来たようです。よりおいしくいただけるように、お出ししたいとおもいます。
この葡萄畑から正面に甲斐駒、鳳凰三山、の南アルプス北部連山が、最高のロケ-ションで見ることができます。
 そして、左手に富士山が、スマ−トに優雅に少し遠く甲斐駒の、鋸岳の荒々しさと対照的に美しく見える場所なのです。
 この畑の前を「オオムラサキ自然観察歩道」があり、訪れるハイカ−を魅了しております。



このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/09/24(木) 14:05:52|
  2. 葡萄ジュ−ス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4月28日 

2009.04.30 Thu

4月28日 快晴、新緑、田植え前の風景。
 久しぶりに、雲に覆われていない、「甲斐駒」「八ヶ岳」「富士山」「みずがき山」「金峰」「茅ヶ岳」を見ることが出来ました。
この所、忙しい毎日でしたので、HPの写生ポイントの更新が出来ませんでした。 2月1日に撮影したものを今まで使っておりました。桜も終わって、一段落しましたので、(桜の写真も載せませんで、すいません。)本日、定番コ−スを回って見ました。 鮮やかな緑、新緑で覆われておりました。
 山の雪の量は、この2日間でまた積もったようですが、斑模様が消えるほどの量ではありませんでした。
5月の連休に向け、山の色も初夏の色に変化していきます。黄色の部分が、段々濃い緑へと変化していくのでしょう。しかし、まだ、そこまでは行ってませんので、変化に富んだ色彩が見られます。
 彼方此方で農作業の準備が進んでいます。田圃に水が入るのももう少しでしょう。日野のいつものポイントで撮影してましたら、「葡萄ジュ−ス」で以前紹介しました、「坪井さん」にお会いしました。
坪井さんは、この景色「甲斐駒」の見える、「南アルプス連峰」の見える場所で、果樹栽培をされるのが希望なのだそうです。
昨年は、「小公子」山葡萄との交配種を栽培して、全部葡萄ジュ−スに加工されました。
 当館で、この「葡萄ジュ−ス」を朝食の前におだししました。お客様に大変好評でしたので、今年も昨年以上に、坪井さん家の「葡萄ジュ−ス」をお出しできるようにしたいと思っております。
坪井さん家の葡萄栽培は、今年、面積を昨年の2倍以上に増やしました。
この地区で空いている田畑を、探して借り受けましたので、昨今かなり、農業放棄の田圃や、畑が多いようですからその土地を借りて、葡萄を植えたようです。葡萄だけでなく、りんご、なし、桃の類、までも幅広く栽培されるそうです。葡萄も種類を多く栽培して、昨年の「小公子」にブレンドするようです。 今年は、秋が楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/04/30(木) 13:20:57|
  2. 葡萄ジュ−ス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

10月6日 葡萄ジュ−ス

2008.10.07 Tue

10月6日 葡萄ジュ−ス  大好評
 日野にお住まいの「坪井様」が生産した、<葡萄ジュ-ス>今回収穫した葡萄は、ワインではなく、<葡萄ジュ−ス>に加工してくださいました。

その<葡萄ジュ-ス>を、お客様に、お出ししました。

 大好評でした。

3回、お出ししました。

 10月3日 夜 寄せ鍋 と、天ぷら

 10月4日 朝 日本の朝(のり、納豆、卵焼き、鮭の塩焼き、にがい、など)

 10月4日 夜 すき焼き、山掛け、煮物)

の食膳にお出ししました。 赤ワイングラス3/1ほど。

この感想もいただきました。

 生産者 「坪井さん」にこの報告をしなければなりません。

 「少し濃すぎる味です」との坪井さんのおはなしでしたが、この濃さが

 朝の日野春の空気のおいしさと合うようでした。

今年の秋のお客様に、随時、お出しします。

 この<葡萄ジュ−ス>は、非売品です。

  この時期には、当館で、食膳にお出しします。限定品です。
 








このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2008/10/07(火) 03:39:39|
  2. 葡萄ジュ−ス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

プロフィール

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約