秋の終わりが。

2012.11.25 Sun

日野春の秋。

秋の終わり、秋のお客様は11月26、27日でほぼ終わる。

秋の終わりが、見えてきました。

奈良から3度目のお出で。

本日晴天に恵まれ、昨日午後2時に到着。

日野春駅で、高校生に自分の荷物(水彩の道具、スケッチブック他)をワゴン

で、荷造りしてあるキャスタ-付きバックを運んでもらう。

自分で、駅の階段を登れないため。

でも、日野春からの甲斐駒、どうしても描きたい。

どうしても、写真にとって帰りたい。

歩く、オオムラサキセンタ-まで。


オオムラサキ自然観察歩道を、朝から歩いて、行けるとこまでいきたい。

スケッチポイントを車で案内する。

少しでも、知ってほしい。

甲斐駒がいい場所。

富士山がいい場所。

八ヶ岳がいい場所。


季節の変化が、一段と良くなる景色になる場所。

秋冬の景色が、桜の咲く景色が、鏡田の景色が、新緑の景色が、

萌黄色の景色が、

何度も来て見て欲しい日野春からの山岳風景、里山風景。

今確実に冬に向かっています。

本日は風もなく、穏やかな秋の一日。

明日は天気が崩れそうですが、山はでます。

絶えず雲は動きます。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/25(日) 16:11:36|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋 秋 秋 秋本番 日野春の秋

2012.11.08 Thu

日野春の秋。

今が一番いい、日野春の秋。

色とりどり。

残念なのは、甲斐駒に雪が少ない。

本日は、朝から晴天、日本海の低気圧の影響だろうか、甲斐駒の頂きの雪が少

ない。

それ以外は、すべて満たしてくれる「秋の日」が、本日そしてここ3日ぐらい

でしょうか。

そして、冬。

雪をかぶった山々。

力強い山。

そんな変貌をする甲斐駒、鳳凰三山、鋸岳。

雪のスカ-ト履いた八ヶ岳。

そして、大きく、たくましく、より大きく見える冬の富士山。


南に富士

北に八ヶ岳

西に甲斐駒,鳳凰

東に 金峰、瑞牆、茅ヶ岳

それぞれ、冬の主張をはじめる。

日野春の秋。

午後三時の電車まで、描ける宿。

2日間まるまる描ける宿。

本日も、3組のグル-プが、秋の日野春から、甲斐駒を。

スケッチブックがなくなりました。

少しは、用意してあります。

キャンパスも。

スケッチブックも。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/08(木) 17:11:54|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

11月6日の日野春 秋の色付き

2012.11.06 Tue

11月6日

雨。

赤く色付く樹、

黄色く輝く樹、

どの色も全部違う色。

晴れて、曇って、雨が降って、まだ雪は降らないけれど。

その色は違う。

そんなん色とりどりを楽しめる 秋。

日野春の秋。

です。

甲斐駒の雪はまだ、それほど白くありません。

八ヶ岳もまだまだ。

明日は朝から晴れます。

楽しみです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/06(火) 20:53:13|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋本番

2012.10.27 Sat

秋 本番

もう何組かお出でになりました。

今までの皆さんは、天気に恵まれております。

連泊のお客様、一日目は快晴、到着10時、陰りがはじまりましたが、とりあえ

ず甲斐駒ポイントへ。

二日目は、雨、

三日目は朝から快晴。甲斐駒、アトリエから。

二日目は、日野春駅を描いて、油です。

23日に到着のお客様「一心会」翌日快晴、朝6時からアトリエで。

翌日は、八ヶ岳を、「高根クラインガルテン」で。

この頃、紅葉は、もう少し、桜が赤くなり始めました。


黄葉が、ちらほら、カラマツの葉がだんだん。

ここ一日二日が勝負。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/10/27(土) 20:52:53|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日野春の秋・・・・!

2012.08.30 Thu

日野春の秋

日野春の秋は、いつごろから。

  日野春の秋、一番いいのは、11月3日から11月15日頃。

日野春の稲刈はいつごろ。
  
  9月15日ごろから。

日野春から見える山、初冠雪は。

  10月27日ごろから。

日野春の秋を散策歩きやすいのは。

  10月上旬から11月20日ごろ。

日野春の紅葉が始まるのは。

  10月下旬。

日野春の夏の終わりは。

  9月20日ごろまで残暑。

日野春、外でスケッチができる安心して。

  10月上旬から。
日野春の冬は。

  11月20日ごろから。

日野春から山が一番綺麗にみえるのは。

  夏の暑い今でも、恐ろしく澄み切った空気で、包まれた朝、

  最高のみどり深い甲斐駒が、八ヶ岳が、信じられないほど、綺麗な

  山肌を、(幾重にも重なる南アルプス特有の深さ)見ることができます。

 冬の甲斐駒、八ヶ岳、富士山、雪の山々、これが最高です。

 殺伐とした風景のなかで、山は青く、蒼く、空の蒼く、青く、そして

 雪を頂いた山肌が、その時間で変化した、姿を見せてくれます。

 これが最高です。
  
  風景と対峙して、

  この凄さを味わってください。

  すごい色が発見できます。

  すごいキャンパスが、出来上がるでしょう。 油を、混ぜない、

  新鮮な色を使って、

  いつまでも、輝く油彩画が、

  楽しみな 秋が始まります。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/08/30(木) 11:39:22|
  2. 日野春の秋|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー 次のページ

プロフィール

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約