プロジェクトアドベンチャ-ジャパン合宿終了

2012.08.07 Tue

プロジェクトアドベンチャ-ジャパンの合宿。

8/3から8/7まで

終わりました。

期間中、常連さんのご利用が、できなくてすいませんでした。

今週末は、問題ありませんので。

おいでください。

深夜の昆虫採取、昆虫観察、のんびり歩きたいです。

杉本さんの新しい「樹液」の場所。

ものすごいようです。

楽しみにしたいです。

お待ちしてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/08/07(火) 18:05:44|
  2. 自然大学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国際自然大学校

2011.01.05 Wed

日野春には、「国際自然大学校」が有ります。

この季節、スキ−場で、その近くで、雪遊びを実施してます。

日野春は雪が有りませんから、八ヶ岳の麓まで、バスで移動して、遊びます。

毎週、週末にこの添乗員のお姉さんや、お兄さんが、駅前におります。

そして、お別れのご挨拶を大きな声で交わしてます。

とてもいい光景です。

寒い日でも、暑い日でも、この声が聞こえてきます。

日野春駅の週末の光景です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2011/01/05(水) 17:22:59|
  2. 自然大学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月19日 お盆が終わって、日野春駅に飛んでくる虫達。

2009.08.20 Thu

8月19日 クワガタが5匹、日野春駅。
 多くの「蛾」がおりました。
霧ヶ峰経由で、「日野春」INだそうです。昆虫写真のお客様です。










見て判る方、メ-ルください。
 他、撮影してほしい虫があれば、お知らせください。
出来るだけ、デジカメで、撮ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/08/20(木) 10:27:10|
  2. 自然大学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月16日 送り火 お盆さんもお帰りです。

2009.08.16 Sun

8月16日 お盆で帰ってきた人たちも、また、仕事に、都会に戻ります。
 大きな荷物を持って、子供を連れて、また、東京方面に帰っていきます。


温暖化で暑くなっても、このドラマは変わりません。バイクできたお客様、「虫取り」だそうです。採ったカブト、オス、メス、鋸クワガタ、オス、雌、
100均のパッケ−ジに入れて差し上げ、お持ち帰りになりました。
静岡に帰るそうです。
 ”自然大学校”のお客様、連泊です。このところ、当館の事情で、3回ほどキャンセルしてましたので、すいませんでした。本日これからは、ご迷惑かけません。いつでも、お泊めできますよ。
 後2週間残っている夏休みです。
稲も穂が出てます。秋の近づきを感じます。緑の田んぼは、今佳境でしょうか。もうすぐ、黄色に変化するのでしょう。
 まだ楽しみます”夏休み”天気の安定に伴って、登山のお客様が、いらっしゃいます。「NHKの小さな旅」で紹介された甲斐駒を、黒戸尾根からアタック
兵庫県から、明日16時につくそうです。
 明日も晴れ、あさっても晴れ、今が一番です。登山は。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/08/16(日) 21:33:32|
  2. 自然大学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

6月21日 国際自然大学校の方、昆虫採集の方。

2009.06.23 Tue

6月21日 雨、曇り、梅雨の一日。蛍鑑賞 
 相変わらず雨がふったり、止んだり、梅雨の一日になってますが、昆虫は活気づいております。 「蛾」「蝶」「カミキリ」「カブト」色々飛んできております。
この天気ですが、夜は、雨も上がり、蛍鑑賞にはとてもいい条件がととのいましたので、色んな場所にでかけました。
 オオムラサキセンタ−は行きませんでしたが、渋沢、塚川、夏秋、下条、上条、と車で回りました。前回よりはるかに多く飛んでおりました。
草むらに10匹ぐらい纏まって泊まっていたり、飛び交う広さが、大きい場所もありました。 田んぼの畦の草刈がしてない場所には、群生して多く居ました。 草刈をしてある場所は、前回に居たところも、今回は居ませんでした。
川沿いの田んぼの道を出来るだけ川に近い道を車で回りましたが、途中で道がなくなる場所もありましたが、そういう場所のほうが、蛍は多くおりました。
まだまだ捨てたものではない。実感しました。 この自然を、「肩肘張って残しましょう。」とはいわないでも、今以上の「余計なこと」をしないで残っていけばまだいいのではないでしょうか。
それだけ、蛍は居ました。
 皆さん本当に喜んでおりました。そんな日でしたが、午後から、有名な「昆虫写真家」の先生がお見えになり、お話をさせて頂きました。
 先生は今、「里山を守る運動」に参画しており、「この運動を盛り上げていきたい。」と、言っておりました。 4hrの山林を下草刈して、入りやすい、
昆虫が住み易い、蚊がいない、台木の保護、を目的に運動を展開しているそうです。皆さんボランテアですから、手弁当で、草刈機のガソリン、などは全部
個人の負担で参加されているのだそうです。
 新府、穴山、日野春この間の里山、まだ猪が、時々列車に引かれたりしてますから、自然環境はまだいいようです。この間の山林の保護、下草刈を重点的
に実施していきたいそうです。
参加者は、東京などからもきてくださいます。その受け入れ準備をどうして行くかが問題です。当館もこの問題に積極的に参画してまいります。
 昆虫採集が、楽しく出来る里山、歩いていて景色が楽しめる里山、空気のおいしい里山、そんな自然に囲まれた、日野春です。この梅雨で元気に成長している植物、葉の色が違います。生き生きした緑、濃い緑で生い茂っております。
 雨に濡れる写生ベランダ、写生ステ-ジ、後方は「鬼グルミの赤い花が咲く木」


このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/06/23(火) 10:47:38|
  2. 自然大学校|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー 次のページ

プロフィール

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約