秋の個展のご案内

2012.11.01 Thu

秋の一日

個展の案内を頂きました。個展

秋の一日

 天気に恵まれても山がでないこともある。

昭和の溜池 「サントリ-の南アルプス天然水」CM撮影が行われた場所。

 この池が、埋められることになった。

近くに、工亊事務所も建てられ、池の水は、既に底に少し貯まるだけになって

いる。この池がなくなるのが本当に残念だ。

この池に映る甲斐駒は最高の景観を見せてくれた。

 「この池に連れていけ」と言われて、何人を今までにお連れしたことか。

残念でならない。

この池が、なくなり、平地になってもこの場所から見る甲斐駒は変わらないだ

ろう

でも水に映る甲斐駒は見られなくなる。

今日お連れしたお客様、とこのことを知った。

残念でならない。

この池を描いてくれた皆様が、秋、冬、春、夏、と、この場所を

希望される。

構図が難しい。

絵にならない景色。

だからこそ、もう一度ここへ。

そういうお客様に、なんてお話したらいいのか。








このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2012/11/01(木) 20:37:30|
  2. お便り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

3月7日 晴天、晴天こんないい天気は久しぶりです。

2009.03.08 Sun

3月7日 成駒屋の焼きそば(ソ−ス焼きそば)
 この辺で有名な「焼きそば」です。
とても常識で判断できない「焼きそば」です。
 中にソ−スの汁がたっぷり入っております。ソ−ス汁の中に「焼きそば」が”泳いでいるよう”といっても過言ではないのです。
 でもおいしい「焼きそば」です。
本日は時間がありましたので、このお店と、長坂にあります「おいでやギャラリ-」にいって着ました。



石田英次さんの、つながっている、”畦道に寝転んでみれば”と題して、展示をしておりました。
 面白い展示でしたので、しばらく拝見いたしました。 


本日も、ロケのお客様と、当館指定できてくださったお客様です。
 明日の朝は8時の朝食です。
おいしい武川米を出だしします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2009/03/08(日) 19:45:17|
  2. お便り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月4日 快晴、甲斐駒、少し暖かい朝です。

2008.12.04 Thu

12月4日 今年も後少しになりました。

下の写真は、今年の2月の写真です。

今年の冬は、寒い日野春で、最高に美しい「甲斐駒」「鳳凰三山」「八ヶ岳」

を描いて頂きたいと思います。

寒い冬、澄み切った空気の中で、冷たい空気の中で、遠くに見える山々が、こ

の季節、手の届く所に見えるように近くに見えます。

寒い冬、一番綺麗な、美しい甲斐駒を、描きませんか。

アトリエは、薪ストーブが、日の出から燃えてます。

 一番美しい甲斐駒の 赤く染まる「赤駒」を、観てください。

 丹前のまま、スケッチをしてください。

冬の甲斐駒、今、白く雪をかぶって鋭く輝いています。
島田利一画伯から

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2008/12/04(木) 06:36:13|
  2. お便り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

8月11日 日本山岳画協会大町展

2008.08.12 Tue

8月11日 ポスタ−「日本山岳画協会」大町展
日本山岳画協会大町展

小淵沢からの甲斐駒
中村好至恵 「山の絵」展

日野春アルプ美術館の館長、鈴木さんが持ってきてくださいました。
 今年は、日野春アルプ美術館で、展示しないようです。
横浜、「みつい画廊」で展示だそうです。
中村好至恵 「山の絵」展 案内

本日は、20代のお客様でした。久しぶりの若者のお泊りでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2008/08/12(火) 22:27:45|
  2. お便り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4月18日 曇り、曇り、雨、嵐

2008.04.19 Sat

お手紙
4月18日 礼状

本日は、生憎の天気になりました。
 昨日お客様がお帰りになり、本日は、静かな館内ですが、行き届かないところの掃除、等、買い物など、それなりの準備をしなくてはなりません。
 もう、たらの芽、こごみ、こしあぶら、やまうど、と春の息吹を感じさせる食材が、ここのところ毎日、何処そこから届きます。ありがたいことです。
皆さん、気にかけてくれているのです。
 お尋ねいただいて、ゆっくりお話もできないのですが、この山の幸を持ってたずねてくれるのです。
 これは全部天然ものです。 ですから、香りも強く、食べた時の歯ごたえも違います。春の苦味、実においしい味なのです。
 今回、お出でくださるお客様には、この味をお出ししております。
たらの芽の天ぷら、山うどの煮物、酢の物、こごみの胡麻和え、手に入るまでお出ししていきます。
 お手紙、メ−ルが届いております。
お帰りになって、その後、しばらくして頂く「お手紙」は、宿の者の
励みになります。ありがたいことです。
 良かった、喜んでいただいて、本当に良かったとおもいます。
実にありがたい「お手紙」です。
 明日は、8名のお客様です。 天気が気になります。何とか晴れてほしいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  1. 2008/04/19(土) 22:33:30|
  2. お便り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー 次のページ

プロフィール

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約